新しい里親候補さんにおねがいです。
里親の誤解を抱いたまま里親希望を名乗り出る方々がいらっしゃいます。

「かわいそうだから引き取ってあげようと思ったのに、なぜ断られなきゃいけないの?」
「協力してあげようと思ったのに、なぜ家庭環境について聞かれたうえ、自宅まで見られなきゃいけないの」

猫は「玩具」ではありません。れっきとした「生き物」「命」です。
「欲しい」とか「もらってあげる」という方なら、どなたでも右から左に猫をお渡しするというわけにはいきません。
「かわいい」「かわいそう」といった一時的な感情だけでペットを飼うと、後々、ペットも人間もつらい思いをすることになりかねないのです。

私たちは、里親希望者さんが猫を「家族の一員」とみなし、終生世話してくれることが絶対条件であると考えています。
そのために、里親希望者さんが確かな「意志」を持っておられるか?飼育を継続していくのに適した「環境」にあるか?
などについて、できる限り確認させていただくことが不可欠となります。
それによって、希望者さんになんらかの不安要素が認められた場合は、残念ではありますが、お断りする場合があります。
外の過酷な環境から、保護されてきた猫たちを、また同じ運命にさらす要因があってはいけないのです。
皆様の御厚意はありがたいのですが、実際にはこうした厳格な対処が必要となることをご承知おきください。

譲渡に際しては、以下の通りご同意頂く事項がございます。
ご理解・ご了承頂ける方のみ譲渡のお話を進めさせて頂いております。

譲渡条件

・辛い経験をしたこの子達に二度と同じ思いをさせない。家族の一員として迎え、終生大切に育てて下さる方。
・避妊/去勢を必ず行う(子猫に関しては指定期間内に手術を受けさせる)事を約束できる方。
・健康を害した時に、必要な医療行為を怠らず受けさせる。
・譲渡の際、同意書へのサインを了承頂ける方。
・譲渡の際、保護後にかかった血液検査、ワクチン、(治療費、手術費)の費用の一部相当の寄付(8,000円程度)に同意頂ける方。
・埼玉県八潮市より1時間程度でお届けできる場所にお住まいの方。
・折に触れての近況報告いただける方。
・日々のお世話を出来る方。
・先住猫がいる場合、避妊・去勢手術をしている(病気等、できない理由がある場合を除く)

私たちは猫譲渡の際、里親となる方から所定の寄付をいただいております。
しかしそれは、猫の「代金」ではありません。私たちの活動は「商売」ではないのです。
いただいてるお金は、猫の血液検査、避妊・去勢、ワクチンなどの猫を里親さんに安心してお願いするための必要な医療費となってます。
子猫の場合でも血液検査で猫エイズや白血病がない事を確認し、虫の駆除やワクチン等必要に応じた医療を受けてから譲渡会に参加しています。譲渡時に避妊・去勢、ワクチン(※基本的には接種後にお渡ししております)が未処置の子は、譲渡後必ず里親さんにて接種や手術をお願いしています。

医療費の全額負担という形をとらず寄付としているのは、なるべく金額の障壁を取り払うことで、一匹でも新しい家族と巡り会えるように、願ってのことです。

以上、これらはすべて、私たちの活動が「無責任な飼い主に見捨てられることで殺処分となる猫をなくしたい」という思いを基本としていることに寄っています。

譲渡の流れ

  • ホームページ内里親募集欄やFacebookに掲載中の猫を希望したい・会場にて希望の猫がいた等、メールや電話もしくは里親会場にご来場の上、ご希望である旨お申し出下さい。
  • 同意書へご記入をお願い致します。
    (猫を希望する方全員に必ず対応頂いております)
    ●里親会場でお申込の場合
    スタッフにお声がけの上、その場でご記入をお願いします。
    ●メール・電話からお申込の場合
    譲渡会または個別に日程を調整し、ねこの家へお越しください。その際に同意書に記入をお願いします。
    ※同意書内容について
    飼育する上でのルールなど、猫を譲渡するにあたり前もってご確認いただきたい内容となっております。
    ご協力頂いた同意書は猫譲渡の資料としてのみ使用させて頂きます。 当会に無関係な第三者に公開することは一切ございません。
  • 同意書の内容をご同意頂き、受入れに問題がないと判断させて頂いた方には、当会スタッフが猫をご自宅迄直接お届けし、お試し飼育を開始して頂きます。
  • お試し期間終了後、正式譲渡となります。